女性

近年注目されているパワースポット|四国遍路の魅力を大公開

飲食物の持込み

料理

基本は持込みを遠慮します

世界遺産に登録された富士山や、ユネスコエコパークに登録された南アルプスなど、山梨県には豊かな自然が数多くあります。これらは山梨県の有力な観光資源としてアピールされ、たくさんの観光客の呼び込みに一役買っています。また山梨県は東京から約2時間程度の距離にあるのも大きな魅力です。ならば山梨県へは日帰り旅行で十分なのではと思ってしまいますが、山梨には富士山や南アルプス以外にも魅力ある観光エリアが充実してます。だからホテルや旅館などに宿泊して、じっくり楽しむことをおすすめします。山梨県には石和温泉や下部温泉など有名な温泉地がたくさんあり、それに伴い旅館の数が多いです。旅館の温泉で旅の疲れを癒し、美味しい料理を食べる。こんな贅沢な気分を味わえるのは、旅館だからできることかもしれません。ところで旅館に宿泊する際に注意することとしては、飲食物の持込みではないでしょうか。特に食事や飲み物がついている旅館は、飲食物の持込みにとても敏感です。旅館自体は宿泊業ですが、保健所に飲食店としての許可申請を行っています。そのため宿での食べ物に対して責任が発生するので、食中毒などを起こさないように気を付けています。特に生ものや弁当の食べ残しなどを持ち込むことだけはして欲しくないと、宿のスタッフ達は考えています。また食事中にお酒の持ち込みを遠慮しているのは、旅館が飲食店営業しているからです。その上で他の客が正規の料金で飲んでいるのに関わらず、そのお客だけを特別扱いすることができないからです。もちろん旅館によってルールが異なるので、飲食物の持ち込みについては宿泊前に確認しておくと良いです。